Deze website maakt gebruik van Cookies

We gebruiken cookies om de website goed te laten functioneren, om functies voor social media te bieden en om ons websiteverkeer te analyseren. Meer informatie vindt u in de privacyverklaring.

Ik ga akkoord met het plaatsen van cookies voor:

Noodzakelijke functionaliteiten en anonieme statistieken
desks
nieuws

日本人はオランダ・アメリカ間の友好条約と同様の条件に基づいて、日蘭通商航海条約における取り決めである、いわゆる最恵国条項によって自営業者と して滞在許可を申請することが可能であった。簡潔に言うと、日本人はオランダに拠点を置く企業に対し実質的な投資を行う場合、自営業者としての滞在許可を 貰える。これまでは日本人が実質的な投資を継続した場合、日蘭通商航海条約に基づき自営業者としてオランダでの滞在継続を拒否することができなかった。つ まり、自営業者を対象とした通常のより厳しい点数制度は、日本人の事業主・企業家には適用されなかった。

2013年6月19日に国務院の行政裁判部局は、この日蘭通商航海条約に基づく滞在許可申請はオランダ・アメリカ間の友好条約の条件ではなくオラン ダ・スイス間協定の条件に照らして検証する必要があるとの評決を下した。つまり、日本人に対して投資条件ではなく経済的資源の条件を求めることができ、オ ランダの労働市場において日本人は自由に活動することが許され、賃労働を行うことができるという意味である。

より詳しい情報について知りたい方は、エヴェラエルト弁護士事務所のジャパンデスクまでお気軽にご連絡ください。