This website uses Cookies

We use cookies for necessary website functionalities, for social media functionalities and for webiste statistics and analysis. More information can be found in our privacy policy.

I agree with the use of cookies for:

Necessary functionalities and anonymous statistics
desks
news

エヴェラエルト・イミグレーション弁護士事務所・ジャパンデスクでは、日本人のお客様に日本語でのテーラーメイドのサービスをご提供させていただいております。

私どもは個人から法人のお客様まで、その方の状況に最も合った方法で、オランダでの滞在許可証(永住権)、または労働許可証取得のお手伝いをさせていただいております。

くわしい詳細につきましては、私ども日本人担当弁護士、
 

日本国籍をお持ちの方の場合、オランダで起業するにあたっての居住許可の取得は、ほかの非EU国籍の方に比べてそれほど複雑ではありません。これは日本とオランダとの貿易協定があるからです。ほかのどのようなタイプの仕事の場合でも、日本人は必ず就労許可を取得する必要があります。

日本人シェフの場合はまだ特例が有効である可能性があります。詳細は、こちらのアジア料理のケータリング業に関する条件を参照してください。

 

オランダでの起業

オランダで会社を興すには、居住許可が必要です。日本国籍をお持ちで、オランダ国内での事業の開始、展開、または運営を予定している方は、事業主の居住許可を得る資格があることを保証するものとして4.500ユーロ以上を出資する必要があります。

日本人事業主は、事業主に対する通常の厳格なポイントベースシステムの対象外です。日本人事業主は、予定する事業活動が革新的なものであるか、それ以外の場合にはオランダの経済に有益であることを証明する必要はありません。

Read more ...

For Japanese nationals it is less complicated to obtain a residence permit to start a business in the Netherlands than for other non-EU nationals. This is due to the Japanese-Dutch Trade agreement. For any other type of work, Japanese must obtain work authorization

Specific rules might still be available to Japanese chefs. For more information, please see the conditions for the Asian catering industry here.

Starting a business in the Netherlands
To start a company in the Netherlands, a residence permit is required. Japanese nationals, who plan to start, develop or manage a business in the Netherlands, must invest a minimum amount of €4.500 in the undertaking to qualify for a residence permit for entrepreneurs.

Japanese entrepreneurs are not subject to the regular – and stricter – point-based system for entrepreneurs. They do not need to prove that the intended business activities are innovative or otherwise beneficial to the Dutch economy.

Read more ...